編集プロダクション サイト作成

*

出版を目指す人のためのソーシャルメディア活用のポイント(アメブロ編)

公開日: : 最終更新日:2014/03/31 出版で自分ブランディング手法

出版するためにはアメブロのようなストック型のメディアが必要です。

ここではアメブロの活用ポイントについて、お話しします。

 

アメブロの活用ポイントについては次の4つの要素が重要になります。

  • 文章力
  • 文章のストック
  • プロフィール
  • 読者数

 

まず何を置いても、文章力です。

アメブロに限らずですが、編集者はあなたのブログで「この人、ちゃんと日本語を書けるのかな」と見ています。

ブログというのは、だいたい600字から800字ぐらいのコンテンツです。

その600字から800字の中で日本語が破綻しているような方は、絶対に出版はできませんので、気をつけてください。

 

また、文章のストックも見られています。

編集者というのは、いつも締切りに追われています。

もし、著者の人が締切りに遅れた場合、その遅れた分を取り戻すために、編集者が代わりに書くことって多いんです。

そのときに、ストックがある人とない人では、当然ストックのある人を優先します。

たとえば、記事が300ぐらいあったとしたら、「この記事を加工すれば、こっちで何とか締切りに間に合わせられるな」と目算を立てることができます。

必然的に、ストックのある著者の方がオファーされやすくなるのです。

文章のストックはそういう目的で必要になりますから、記事がたくさんあったとしても、「今日はこんなラーメンを食べました」「こんなセミナーに行きました」というような内容ばかりでは意味がありません。

ちゃんと専門性を発揮している記事が必要になります。

それが100ぐらいあると、担保になるわけです。

 

アメブロは、プロフィールだけでちゃんと1ページつくることができます。

中でも、左側にある自己紹介という枠は検索エンジンに引っかかるため、あそこに「どういうキーワードを入れるか」がポイントになります。

では、あなたが編集者だとしたら、どういうキーワードで探しますか?

それを意識して、プロフィールを書いてください。

たとえば私の場合、「出版プロデューサー」という肩書きですが、出版コンサルタント、出版コーディネーター、出版アドバイザー、出版エージェントなど、様々な言い方があります。

編集者は、検索をするときに職種で入力します。

書きたい本のイメージがあって、「じゃあ、それについて書ける人って、どういう肩書きの方なのかな」と職種で検索するわけです。

当然、出版プロデューサーで検索されないかもしれません。

その編集者がどれだけの語彙力を持っているかという問題もあります。

もし私が「出版プロデューサー」でしか引っかからないようなブログをつくっていたとしたら、どうでしょう。

その編集者が「出版プロデューサー」で検索しない限り、私を見つけてもらうことは叶いません。

出版コンサルタントで検索するかもしれない、出版コーディネーターで検索するかもしれない、出版アドバイザーで検索するかもしれない、出版エージェントで検索するかもしれない…、それならば、なるべく多くのキーワードで自分のブログを引っかかるようにしておく方がいいでしょう。

たくさんの網を張るイメージを持って、どういう言葉で検索されるか、思いつく限りのキーワードをプロフィールに盛り込んでください。

 

最後に、読者数です。

アメブロのいいところは、この読者数が数字で見えるということです。読者数が多いほど、ファンが多いと思ってもらえます。

読者数が最低でも1000人はいた方がいいでしょう。そうすると、出版はグンと近づきます。

 

アメブロに限らず、ストック型のメディアは、何かしらひとつ持っておくことをおすすめします。

ad

関連記事

no image

第一人者として、出版するためには

もし、出版してブランディングをしたいと考えているなら、まずは自身を何かの専門家としてブランディングし

記事を読む

no image

専門家としての専門性を主張するプロフィール

専門家として出版するためには、プロフィールであなたの専門性を主張しなければなりません。 そのプ

記事を読む

no image

ヘンな詐欺師には引っかからないように!

最近、いろんな出版詐欺があります。 出版を匂わせて、高額な着手金を支払わせて、結果、出版もでき

記事を読む

no image

ブランディングのための企画の考え方

ブランディングのために出版したいと思うなら、「誰に」「どう思われたいか」を意図的に想起させなければな

記事を読む

no image

ファンを獲得して本を売る販売力

専門家として出版するためには、4つのことが必要になります。 販売力 ソーシャルメディア

記事を読む

no image

出版するなら、絶対に必要なソーシャルメディア

専門家として出版するためには、ソーシャルメディアが絶対に必要です。   では、

記事を読む

no image

出版の効果を最大限に享受するために

いざ出版となったときに、出版の効果っていうのはいろいろありますが、その出版の効果を最大限に享受するた

記事を読む

no image

出版でブランディングするための企画

本を出版するには、企画が必要です。 ブランディングにつながる企画を考える場合、意図的に「誰に」

記事を読む

no image

出版を目指す人のためのソーシャルメディア活用のポイント(フェイスブック編)

フェイスブックで専門家としてアピールしましょう。   フェイスブックは著者、も

記事を読む

no image

自己ブランディングとして専門家であることを際立たせるプロフィールのポイント

専門家として、企画書に必要なプロフィールをつくる上でのポイントは5つあります。  

記事を読む


ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 出版の効果を最大限に享受するために
    • いざ出版となったときに、出版の効果っていうのはいろいろありますが、その出版の効果を最大限に享受するためには、注意しなければならないことがあります。   その一つが、出版の形態です。 出版の形態っていうのは、いろ […]
    • ヘンな詐欺師には引っかからないように!
    • 最近、いろんな出版詐欺があります。 出版を匂わせて、高額な着手金を支払わせて、結果、出版もできないという…。 また、出版できたとしても、何百万円も支払わされたり、何千部も買取させられたり、低額だったとしても書店に並ばなか […]
    • 自己ブランディングとして専門家であることを際立たせるプロフィールのポイント
    • 専門家として、企画書に必要なプロフィールをつくる上でのポイントは5つあります。   1.アピールしたい人を決める これはターゲットを明確にするということです。 ターゲットを明確にすることで、その人たちが反応する […]
    • ブランディングのための企画の考え方
    • ブランディングのために出版したいと思うなら、「誰に」「どう思われたいか」を意図的に想起させなければなりません。   「誰に」というのは、読者ターゲットになります。 では、その読者ターゲットは、本屋さんのどの棚に […]
    • 専門家としての専門性を主張するプロフィール
    • 専門家として出版するためには、プロフィールであなたの専門性を主張しなければなりません。 そのプロフィールで大事なのは、次の3つです。 肩書き 実績、経歴、理念や想い 独自性、優位性   肩書きはわかりやすいもの […]
PAGE TOP ↑