出版ブランディング戦略とは

出版して戦略的にブランディングする方法や目的を達成させるためのブランディング出版の方法を紹介いたします。

出版で自分ブランディング手法

専門家としての専門性を主張するプロフィール

投稿日:

専門家として出版するためには、プロフィールであなたの専門性を主張しなければなりません。

そのプロフィールで大事なのは、次の3つです。

  • 肩書き
  • 実績、経歴、理念や想い
  • 独自性、優位性

 

肩書きはわかりやすいものが望ましいです。

そして、検索されやすいキーワードを入れてください。

シンプルなテーマと専門家を表すキーワードの組み合わせがおすすめです。

「○○プロデューサー」とか、「××研究家」とかですね。

あとは、テレビで同業者が出てきたときに、どういう肩書きで紹介されているかチェックすることです。

 

そして、専門家ですから、実績がなければ話になりません。

実績がないなら、経歴で専門家であることをアピールしてください。

そして、実績も経歴も専門性をアピールできないということであれば、理念や想いでアピールするしかないですね(あまり効果はないですが…)。

 

最後に独自性と優位性です。

あなただからできること、あなたにしかできないこと。

それをどれだけプロフィールの中に盛り込めるのか、というのが大事になります。

どう書けば、専門家として見えるのか。

どう書けば、専門家として信頼されるのか。

読む側の立場になって、考えてみてください。

ad

ad

-出版で自分ブランディング手法

執筆者:

関連記事

出版でブランディングするための企画

本を出版するには、企画が必要です。 ブランディングにつながる企画を考える場合、意図的に「誰に」「どう思われたいか」を考えます。 そのためにどういう本を出版すればいいか。   「誰に」というと …

ブランディングのための企画の考え方

ブランディングのために出版したいと思うなら、「誰に」「どう思われたいか」を意図的に想起させなければなりません。   「誰に」というのは、読者ターゲットになります。 では、その読者ターゲットは …

出版の効果を最大限に享受するために

いざ出版となったときに、出版の効果っていうのはいろいろありますが、その出版の効果を最大限に享受するためには、注意しなければならないことがあります。   その一つが、出版の形態です。 出版の形 …

出版するなら、絶対に必要なソーシャルメディア

専門家として出版するためには、ソーシャルメディアが絶対に必要です。   では、ソーシャルメディアを、何に利用するのか。 目的は次の3つです。   ●購入者を集める あなたが本を出し …

出版を目指す人のためのソーシャルメディア活用のポイント(フェイスブック編)

フェイスブックで専門家としてアピールしましょう。   フェイスブックは著者、もしくは編集者とのコネクションづくりに役立ちます。 そして。専門家としてのアピールです。   自分が「何 …