出版ブランディング戦略とは

出版して戦略的にブランディングする方法や目的を達成させるためのブランディング出版の方法を紹介いたします。

出版で自分ブランディング手法

第一人者として、出版するためには

投稿日:2014年3月13日 更新日:

もし、出版してブランディングをしたいと考えているなら、まずは自身を何かの専門家としてブランディングしてください。

 

出版して「どうにかなりたい」と思っている方が多くいらっしゃるようですが、出版とは「どうにかなる」ためにするものではなく、「どうにかなった」人がするものです。

では、どうにかなるためには、どうすればいいのでしょうか。

 

それは、まず、あなた自身が専門家として確立することです。

何かの専門家として確立しているなら、あなたの本を読みたくなる人がいるはずです。

 

「あなたは、どんな人が書いた本を読みたいですか?」と考えてみると分かりやすいでしょう。

 

まだ成功していなくて、「出版してどうにかなりたい」と思っている人の本より、「どうにかなったから出版した」人の本の方が読んでみたいですよね。

 

つまり、専門家として読者の期待に応えて、読者との信頼関係をきっちりとつくっていくということが重要なのです。

読者を裏切らないためにも、まずは、あなた自身が何かの専門家になってください。

 

専門家として出版するには、以下の4つが揃っていると出版はしやすくなります。

  1. ソーシャルメディア
  2. 販売力
  3. 企画力
  4. プロフィール

この4つを揃えて、専門家としての出版を目指してください。

 

ちなみに、この4つには共通して言えることがあります。

それは「客観的な視点を持つ」ということです。

客観的に、ちゃんと専門家と思われるような戦略を立てて、過信することなく自分の状況を把握してください。

ad

ad

-出版で自分ブランディング手法

執筆者:

関連記事

まずは出版の目的を決めよう

仕事につなげるために出版しようと思ったら、基本的には次の3つになります。 講師になる 社長になる 先生になる。   講師になるというのは、あなたが今までに培った経験や実績をベースに、持ってい …

ブランディングのための企画の考え方

ブランディングのために出版したいと思うなら、「誰に」「どう思われたいか」を意図的に想起させなければなりません。   「誰に」というのは、読者ターゲットになります。 では、その読者ターゲットは …

自己ブランディングとして専門家であることを際立たせるプロフィールのポイント

専門家として、企画書に必要なプロフィールをつくる上でのポイントは5つあります。   1.アピールしたい人を決める これはターゲットを明確にするということです。 ターゲットを明確にすることで、 …

ファンを獲得して本を売る販売力

専門家として出版するためには、4つのことが必要になります。 販売力 ソーシャルメディア 企画力 プロフィール それぞれを詳しくお伝えしていきます。   まずは、販売力についてです。 &nbs …

出版を目指す人のためのソーシャルメディア活用のポイント(アメブロ編)

出版するためにはアメブロのようなストック型のメディアが必要です。 ここではアメブロの活用ポイントについて、お話しします。   アメブロの活用ポイントについては次の4つの要素が重要になります。 …