出版ブランディング戦略とは

出版して戦略的にブランディングする方法や目的を達成させるためのブランディング出版の方法を紹介いたします。

出版で自分ブランディング手法

第一人者として、出版するためには

投稿日:2014年3月13日 更新日:

もし、出版してブランディングをしたいと考えているなら、まずは自身を何かの専門家としてブランディングしてください。

 

出版して「どうにかなりたい」と思っている方が多くいらっしゃるようですが、出版とは「どうにかなる」ためにするものではなく、「どうにかなった」人がするものです。

では、どうにかなるためには、どうすればいいのでしょうか。

 

それは、まず、あなた自身が専門家として確立することです。

何かの専門家として確立しているなら、あなたの本を読みたくなる人がいるはずです。

 

「あなたは、どんな人が書いた本を読みたいですか?」と考えてみると分かりやすいでしょう。

 

まだ成功していなくて、「出版してどうにかなりたい」と思っている人の本より、「どうにかなったから出版した」人の本の方が読んでみたいですよね。

 

つまり、専門家として読者の期待に応えて、読者との信頼関係をきっちりとつくっていくということが重要なのです。

読者を裏切らないためにも、まずは、あなた自身が何かの専門家になってください。

 

専門家として出版するには、以下の4つが揃っていると出版はしやすくなります。

  1. ソーシャルメディア
  2. 販売力
  3. 企画力
  4. プロフィール

この4つを揃えて、専門家としての出版を目指してください。

 

ちなみに、この4つには共通して言えることがあります。

それは「客観的な視点を持つ」ということです。

客観的に、ちゃんと専門家と思われるような戦略を立てて、過信することなく自分の状況を把握してください。

ad

ad

-出版で自分ブランディング手法

執筆者:

関連記事

専門家としての専門性を主張するプロフィール

専門家として出版するためには、プロフィールであなたの専門性を主張しなければなりません。 そのプロフィールで大事なのは、次の3つです。 肩書き 実績、経歴、理念や想い 独自性、優位性   肩書 …

出版でブランディングするための企画

本を出版するには、企画が必要です。 ブランディングにつながる企画を考える場合、意図的に「誰に」「どう思われたいか」を考えます。 そのためにどういう本を出版すればいいか。   「誰に」というと …

ブランディングのための企画の考え方

ブランディングのために出版したいと思うなら、「誰に」「どう思われたいか」を意図的に想起させなければなりません。   「誰に」というのは、読者ターゲットになります。 では、その読者ターゲットは …

出版を目指す人のためのソーシャルメディア活用のポイント(フェイスブック編)

フェイスブックで専門家としてアピールしましょう。   フェイスブックは著者、もしくは編集者とのコネクションづくりに役立ちます。 そして。専門家としてのアピールです。   自分が「何 …

出版の効果を最大限に享受するために

いざ出版となったときに、出版の効果っていうのはいろいろありますが、その出版の効果を最大限に享受するためには、注意しなければならないことがあります。   その一つが、出版の形態です。 出版の形 …