出版ブランディング戦略とは

出版して戦略的にブランディングする方法や目的を達成させるためのブランディング出版の方法を紹介いたします。

出版で自分ブランディング手法

出版を目指す人のためのソーシャルメディア活用のポイント(フェイスブック編)

投稿日:

フェイスブックで専門家としてアピールしましょう。

 

フェイスブックは著者、もしくは編集者とのコネクションづくりに役立ちます。

そして。専門家としてのアピールです。

 

自分が「何の専門家なのか」を投稿の内容で明らかにしていきましょう。

時事問題に対する投げかけでもいいのですが、政治問題や宗教問題に触れると、炎上する恐れがあるので、そこは敢えて避けておいた方がいいですね。

 

投稿を通じて、あなたの専門性をしっかりとアピールしてください。

 

あとは、人間性の開示です。

フェイスブックの場合、意外とこの人間性の開示が重要になります。

フェイスブックはリアルタイム性の高いメディアですので、良くも悪くも人間性が開示されてしまいます。

そこに書いた内容を読んだ編集者に、一緒に仕事をしたいと思わさなければなりません。

あなたが投稿する内容だけではなく、まわりからコメントされる内容も含めて、あなたの人間性を見られているということを意識してください。

 

やはりこれがポイントになりますので、そのあたりを意識しながら、フェイスブックを活用してください。

ad

ad

-出版で自分ブランディング手法

執筆者:

関連記事

第一人者として、出版するためには

もし、出版してブランディングをしたいと考えているなら、まずは自身を何かの専門家としてブランディングしてください。   出版して「どうにかなりたい」と思っている方が多くいらっしゃるようですが、 …

ファンを獲得して本を売る販売力

専門家として出版するためには、4つのことが必要になります。 販売力 ソーシャルメディア 企画力 プロフィール それぞれを詳しくお伝えしていきます。   まずは、販売力についてです。 &nbs …

出版でブランディングするための企画

本を出版するには、企画が必要です。 ブランディングにつながる企画を考える場合、意図的に「誰に」「どう思われたいか」を考えます。 そのためにどういう本を出版すればいいか。   「誰に」というと …

ヘンな詐欺師には引っかからないように!

最近、いろんな出版詐欺があります。 出版を匂わせて、高額な着手金を支払わせて、結果、出版もできないという…。 また、出版できたとしても、何百万円も支払わされたり、何千部も買取させられたり、低額だったと …

専門家としての専門性を主張するプロフィール

専門家として出版するためには、プロフィールであなたの専門性を主張しなければなりません。 そのプロフィールで大事なのは、次の3つです。 肩書き 実績、経歴、理念や想い 独自性、優位性   肩書 …