出版ブランディング戦略とは

出版して戦略的にブランディングする方法や目的を達成させるためのブランディング出版の方法を紹介いたします。

出版で自分ブランディング手法

出版でブランディングするための企画

投稿日:

本を出版するには、企画が必要です。

ブランディングにつながる企画を考える場合、意図的に「誰に」「どう思われたいか」を考えます。

そのためにどういう本を出版すればいいか。

 

「誰に」というところが、読者ターゲットになります。

言ってしまえば、この読者ターゲット以外はどうでもいいわけです。

 

「どう思われたいか」が本の内容や、切り口になります。

 

よく勘違いされている方がいらっしゃるんですが、出版したら誰でもブランディングできるわけではありません。

 

あなたが、もし、先生としてのブランディングがほしいのであれば、本を出せば、一応は先生と呼ばれるようになります。

ただ、先生と呼ばれたらいいわけではありません。

どういう風に思われるか、ということをちゃんと考えなければ、それはブランディングとは言えません。

それらを踏まえた上で、企画を立てていきましょう。

 

ad

ad

-出版で自分ブランディング手法

執筆者:

関連記事

専門家としての専門性を主張するプロフィール

専門家として出版するためには、プロフィールであなたの専門性を主張しなければなりません。 そのプロフィールで大事なのは、次の3つです。 肩書き 実績、経歴、理念や想い 独自性、優位性   肩書 …

出版の効果を最大限に享受するために

いざ出版となったときに、出版の効果っていうのはいろいろありますが、その出版の効果を最大限に享受するためには、注意しなければならないことがあります。   その一つが、出版の形態です。 出版の形 …

出版するなら、絶対に必要なソーシャルメディア

専門家として出版するためには、ソーシャルメディアが絶対に必要です。   では、ソーシャルメディアを、何に利用するのか。 目的は次の3つです。   ●購入者を集める あなたが本を出し …

自己ブランディングとして専門家であることを際立たせるプロフィールのポイント

専門家として、企画書に必要なプロフィールをつくる上でのポイントは5つあります。   1.アピールしたい人を決める これはターゲットを明確にするということです。 ターゲットを明確にすることで、 …

第一人者として、出版するためには

もし、出版してブランディングをしたいと考えているなら、まずは自身を何かの専門家としてブランディングしてください。   出版して「どうにかなりたい」と思っている方が多くいらっしゃるようですが、 …