出版ブランディング戦略とは

出版して戦略的にブランディングする方法や目的を達成させるためのブランディング出版の方法を紹介いたします。

出版で自分ブランディング手法

出版でブランディングするための企画

投稿日:

本を出版するには、企画が必要です。

ブランディングにつながる企画を考える場合、意図的に「誰に」「どう思われたいか」を考えます。

そのためにどういう本を出版すればいいか。

 

「誰に」というところが、読者ターゲットになります。

言ってしまえば、この読者ターゲット以外はどうでもいいわけです。

 

「どう思われたいか」が本の内容や、切り口になります。

 

よく勘違いされている方がいらっしゃるんですが、出版したら誰でもブランディングできるわけではありません。

 

あなたが、もし、先生としてのブランディングがほしいのであれば、本を出せば、一応は先生と呼ばれるようになります。

ただ、先生と呼ばれたらいいわけではありません。

どういう風に思われるか、ということをちゃんと考えなければ、それはブランディングとは言えません。

それらを踏まえた上で、企画を立てていきましょう。

 

ad

ad

-出版で自分ブランディング手法

執筆者:

関連記事

ファンを獲得して本を売る販売力

専門家として出版するためには、4つのことが必要になります。 販売力 ソーシャルメディア 企画力 プロフィール それぞれを詳しくお伝えしていきます。   まずは、販売力についてです。 &nbs …

出版を目指す人のためのソーシャルメディア活用のポイント(アメブロ編)

出版するためにはアメブロのようなストック型のメディアが必要です。 ここではアメブロの活用ポイントについて、お話しします。   アメブロの活用ポイントについては次の4つの要素が重要になります。 …

自己ブランディングとして専門家であることを際立たせるプロフィールのポイント

専門家として、企画書に必要なプロフィールをつくる上でのポイントは5つあります。   1.アピールしたい人を決める これはターゲットを明確にするということです。 ターゲットを明確にすることで、 …

出版を目指す人のためのソーシャルメディア活用のポイント(フェイスブック編)

フェイスブックで専門家としてアピールしましょう。   フェイスブックは著者、もしくは編集者とのコネクションづくりに役立ちます。 そして。専門家としてのアピールです。   自分が「何 …

ブランディングのための企画の考え方

ブランディングのために出版したいと思うなら、「誰に」「どう思われたいか」を意図的に想起させなければなりません。   「誰に」というのは、読者ターゲットになります。 では、その読者ターゲットは …