出版ブランディング戦略とは

出版して戦略的にブランディングする方法や目的を達成させるためのブランディング出版の方法を紹介いたします。

出版で自分ブランディング手法

ブランディングのための企画の考え方

投稿日:

ブランディングのために出版したいと思うなら、「誰に」「どう思われたいか」を意図的に想起させなければなりません。

 

「誰に」というのは、読者ターゲットになります。

では、その読者ターゲットは、本屋さんのどの棚に行くことが多いでしょうか。

経営の本を出すのに、主婦をターゲットにしたら、絶対に売れません。

主婦の人は経営という棚にはほとんど行かないからです。

つまり、ターゲットがいく棚で本を出版しなければ、あなたのターゲットに手に取ってもらうことはできないということです。

その棚というのが、あなたが出版するべきジャンルになります。

 

そして、ジャンルが決まったら、次は、「どう思われたいか」です。

あなたがそう思われるためには、そのジャンルでどんな本を出版したらいいのかを考えます。

あなたのスタンスやキャラクターなども含めて考えてみましょう。

それが、本の内容や切り口になります。

 

こういうことをちゃんと考えないと、ブランディングに効果のある企画の立て方というのはできません。

最終的にその企画を見直したときに、想定するブランディングが本当にそれで叶うのか、ということを想像してください。

これができないのであれば、あなたが出版する意義はまったくありませんよ。

 

 

ad

ad

-出版で自分ブランディング手法

執筆者:

関連記事

ヘンな詐欺師には引っかからないように!

最近、いろんな出版詐欺があります。 出版を匂わせて、高額な着手金を支払わせて、結果、出版もできないという…。 また、出版できたとしても、何百万円も支払わされたり、何千部も買取させられたり、低額だったと …

専門家としての専門性を主張するプロフィール

専門家として出版するためには、プロフィールであなたの専門性を主張しなければなりません。 そのプロフィールで大事なのは、次の3つです。 肩書き 実績、経歴、理念や想い 独自性、優位性   肩書 …

出版するなら、絶対に必要なソーシャルメディア

専門家として出版するためには、ソーシャルメディアが絶対に必要です。   では、ソーシャルメディアを、何に利用するのか。 目的は次の3つです。   ●購入者を集める あなたが本を出し …

自己ブランディングとして専門家であることを際立たせるプロフィールのポイント

専門家として、企画書に必要なプロフィールをつくる上でのポイントは5つあります。   1.アピールしたい人を決める これはターゲットを明確にするということです。 ターゲットを明確にすることで、 …

出版でブランディングするための企画

本を出版するには、企画が必要です。 ブランディングにつながる企画を考える場合、意図的に「誰に」「どう思われたいか」を考えます。 そのためにどういう本を出版すればいいか。   「誰に」というと …