出版ブランディング戦略とは

出版して戦略的にブランディングする方法や目的を達成させるためのブランディング出版の方法を紹介いたします。

出版で自分ブランディング手法

まずは出版の目的を決めよう

投稿日:

仕事につなげるために出版しようと思ったら、基本的には次の3つになります。

  • 講師になる
  • 社長になる
  • 先生になる。

 

講師になるというのは、あなたが今までに培った経験や実績をベースに、持っているスキルやノウハウを教える立場ですね。

なので、出版するのは生徒集めが目的となります。

 

社長というのは、部下をつくって、どんどん会社を大きくして、スケールメリットを活かしながら、自分がいなくても大丈夫な環境をつくっていく立場です。

なので、出版するのは顧客集めが目的となります。

 

先生というのは、自分自身を商品として、自分でないと意味がない立場、自らの存在価値を高めている人です。

なので、出版するのはファン集めが目的となります。

 

この3つを想定しながら、あなた自身のブランディングを考えてみてください。

 

そして、さらに詳細にターゲットを意識して、そのターゲットの悩みを解決し、求心力を高めるためにはどのような企画で出版すればいいのかを考えるのです。

 

ad

ad

-出版で自分ブランディング手法

執筆者:

関連記事

ブランディングのための企画の考え方

ブランディングのために出版したいと思うなら、「誰に」「どう思われたいか」を意図的に想起させなければなりません。   「誰に」というのは、読者ターゲットになります。 では、その読者ターゲットは …

自己ブランディングとして専門家であることを際立たせるプロフィールのポイント

専門家として、企画書に必要なプロフィールをつくる上でのポイントは5つあります。   1.アピールしたい人を決める これはターゲットを明確にするということです。 ターゲットを明確にすることで、 …

出版でブランディングするための企画

本を出版するには、企画が必要です。 ブランディングにつながる企画を考える場合、意図的に「誰に」「どう思われたいか」を考えます。 そのためにどういう本を出版すればいいか。   「誰に」というと …

出版の効果を最大限に享受するために

いざ出版となったときに、出版の効果っていうのはいろいろありますが、その出版の効果を最大限に享受するためには、注意しなければならないことがあります。   その一つが、出版の形態です。 出版の形 …

第一人者として、出版するためには

もし、出版してブランディングをしたいと考えているなら、まずは自身を何かの専門家としてブランディングしてください。   出版して「どうにかなりたい」と思っている方が多くいらっしゃるようですが、 …